宴会・催事規約

  1. トップページ
  2. 宴会・催事規約

宴会・催事規約

当施設では、宴会、会議、婚礼又は催し物(以下「宴会等」という。)に関するご契約並びに宴会場及び会議場(以下「宴会場等」という。)の利用については、以下のとおり定めておりますので、あらかじめご了承いただきますようお願いします。

1 お取り決めの範囲について

当施設がお客様との間で締結する宴会等に関する契約及び宴会場等の利用については、この規約の定めるところによるものとし、この規約に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとさせていただきます。

2 契約の申込について

当施設に宴会等の契約の申込をしようとする方は、次に掲げる事項を当施設に申し出ていただきます。

  • (1)宴会等の主催者名、申込者名、連絡先
  • (2)宴会等の開催日、開催時間及び出席予定者数
  • (3)宴会等の内容
  • (4)その他当施設が必要と認める事項

※幹事様、申込者様には、お名前と連絡手段として電話番号(携帯電話番号と固定電話)、住所等をお伺いいたします。
また連絡が取れない場合にそなえ、複数名の幹事様の名前、連絡先をお伺いさせていただくことがございます。

3 ご契約の成立について

宴会等の契約は、当施設が契約の申込を受諾したときに成立するものとさせていただきます。

契約が成立した場合、申込金を申し受ける場合がございます。

4 ご契約の締結拒否について

当施設は、次に掲げる場合において、宴会等の契約の締結に応じないことがあります。

  • (1)宴会等の契約を締結する方又は宴会等に出席する利用客に次に該当するものがいるとき。
  1. お客様が、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)による指定暴力団及び指定暴力団員等又はその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)であるとき。
  2. お客様が、暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体又は構成員であるとき。
  3. お客様が、暴力団等に該当する者が役員となっている法人又はその構成員である場合。
  4. 法令又は公序良俗に反する行為をする恐れがあると判断される者
  • (2)当施設の他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  • (3)当施設若しくは当施設の職員に対し、暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき、又はかつて同様な行為を行ったと認められるとき。
  • (4)前各号に揚げる事項以外の場合で、公衆に迷惑をかける行為等の防止に関する条例で定める事由に該当したとき。
  • (5)この宴会・催事規約に違反したとき。

5 お客様からのご契約の取消しについて

宴会等のご契約については、お客様から当施設に通知していただくことによりお取消しをすることができます。この場合には、次に掲げるところにより、取消料を申し受けます。また、当施設が手配済みのものについては、実費を申し受けます。

  • (1) 会議・宴会のお取消料
    利用日より30日以内のキャンセルは会場費の20%、20日以内は会場費の50%、当日は100%とさせていただきます。
  • (2) 婚礼のお取消料
    お申し込み日以降のキャンセルは予約金10万円及び衣装の予約金10万円をキャンセル料としていただきます。
  • (3) 展示会のお取消料
    利用日より3ヶ月以内のキャンセルは会場費の100%とさせていただきます。
  • (4) 料理のお取消料
    利用日の2日前より料理代金の30%、前日は料理代金の50%、当日は料理代金の100%とさせていただきます。 
    *天災地変等により、やむをえず会議・宴会等が開催できない場合は、別途協議させていただきます。

6 当施設からのご契約の取消しについて

当施設は、次に掲げる場合において、宴会等のご契約を解除させていただくことがあります。

またその場合でも、当ホテルの被った損害賠償として、解約の時期に応じてキャンセル料を申し受けます。

  • (1)宴会等の契約を締結した方又は宴会等に出席する利用客に次に該当するものがいるとき。
  1. 暴力団等
  2. 暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体又はその構成員
  3. 暴力団等に該当する者が役員となっている法人又はその構成員
  4. 法令又は公序良俗に反する行為をする恐れがあると判断される者
  • (2)当施設の他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  • (3)当施設若しくは当施設の職員に対し、暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき、又はかつて同様な行為を行ったと認められるとき。
  • (4)前各号に揚げる事項以外の場合で、公衆に迷惑をかける行為等の防止に関する条例で定める事由に該当したとき。
  • (5)この宴会・催事規約に違反したとき。

7 宴会時間と料金について

宴会場等の使用開始から終了までのご契約時間(以下「利用時間」という。)は、所定の室料金をお支払いいただいておりますが、この利用時間を超過した場合は、別に定める追加料金を申し受けます。ただし、次の宴会場等の使用開始時刻との関連で利用時間の超過に応じられない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

*営業時間外の利用は1時間単価の100分の200、商行為を目的とする展示会は100分の200、商行為を目的としない展示会は100分の150。

8 有料人数等の確認について

料理内容の最終決定は原則として2週間前までとさせていただきます。それ以降の料理を用意する人数(以下「有料人数」という。)を、宴会等の開催前日午後5時までに当施設の担当職員にご通知ください。これ以降は当施設において宴会等の手配がすべて完了いたしておりますので、有料人数を下回った場合でも有料人数分の料金を申し受けます。

9 装飾・余興等の手配、及びご依頼の業者に対する説明について

宴会等に関する装飾、余興、バンケットコンパニオン等につきましてはホテルより指定業者に手配させていただきます。

当施設の了解のもとにお客様が直接依頼された業者が行う諸事項(宴会等に関する装飾、余興等に使用する機器及び材料の搬入・搬出、看板等のサイズと取付方法の決定等)につきましては、当施設の美観、動線等を考慮し、一定のルールのもとに実施するよう、当施設より当該業者の方々にお願いいたしますので、これに従うようにしてください。

10 損害賠償について

お客様(お客様の側のすべての関係者を含む。)及びお客様がご依頼された業者の方々は、当施設の設備、什器備品等を破損したり、損傷したりすることのないよう十分にご注意ください。

もし、当施設の設備、什器備品等を破損又は損傷をしてしまった場合は、速やかに当施設に申し出ていただくとともに、その修復に関して当施設よりご指示をいたしますので、それに沿って速やかに修理を行うか、又は損害賠償金をご負担くださいますようお願いいたします。

11 禁止事項について

次に掲げる事項は、当施設において禁止事項となっておりますので、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

  • (1) 盲導犬以外の犬、猫、小鳥その他愛玩動物、家畜類等の持込み
  • (2) 発火又は引火性の物品の持込み
  • (3) 悪臭を発するものの持込み
  • (4) 賭博等風紀を乱す行為又は他のお客様のご迷惑になるような言動
  • (5) 備付品の移動
  • (6) ご予約時の使用目的以外の利用
  • (7) 宴会等の終了後の飲酒運転
  • (8) その他法令で禁じられている行為

12 清算について

宴会等終了後、当日に現金にてお支払いいただくか、クレジットカードにてお支払いください。但し、支配人が認めた場合は例外とします。

13 お荷物のお預かりについて

クロークにてお荷物をお預かりさせていただく時は、現金、貴重品等の高価品についてはお断りさせていただいております。万一、宴会等において事故・盗難等が発生した場合、当ホテルは一切責任を負いかねますので、十分にご注意いただくようお願いいたします。

14 宴会場での禁煙及び喫煙の確認について

会場内の喫煙につきましては幹事様への事前確認のもと可否を決めさせていただきます。喫煙を許可された会場内におけるお客様からの受動喫煙等の苦情につきましてはお客様の責に帰するものとします。

15 個人情報の取り扱いについて

当ホテルは個人情報保護に関する法令を遵守し、お客様からご提供いただく個人情報を、細心の注意を払って取り扱っております。詳細は、当ホテルホームページのプライバシーポリシーをご参照ください。

公立学校共済組合和歌山宿泊所
ホテル アバローム紀の国
支配人    藤田 裕司